写輪のうた

アクセスカウンタ

zoom RSS 違い

<<   作成日時 : 2010/02/24 13:57   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2日目(1月27日)

_DSC9578

この日は、ほぼ1日バントーファンを離れて観光となった。

まずモン族という山岳民族の村へ行った。

タイではID(タイ住民の証)を与えられていない山岳民族がたくさんいて、仕事がなかなかできない状況がある。

寺院に行ったり、露店で買い物をしたり。

_DSC9584

_DSC9598

_DSC9599

移動して、昼食。

そこは川辺、というか川の上に座敷がつくってあるところだった。

_DSC9605

_DSC9612

川に足をつっこみながら、タイの東北地方の料理を食べた。

右手でごはんをつまんで少しこねた後、おかずと一緒にほおばる。

タイっぽいなぁ。

ごはん食べた後、あまりに気持ちよくて昼寝。

川では増水してたにもかかわらず、子どもが流され・・いや、泳いでる。

_DSC9613

 

再び移動して、ミャンマーとの国境へ。

ついて早々、用を足したくなりトイレを探すが見当たらず現地の人に聞いてみる。

「ホンナム ユーティナイ(トイレはどこですか)?」

これ、関西弁っぽく「ほんなんゆうてない」で発音すると覚えやすい(笑)

現地の人は指差して教えてくれた後、「アリガトウ」と言った。

僕も「コープンカーップ」で返す。

そして用を足したあと(トイレはすごくボロボロで若干大変だったけど・・)、国境付近に並ぶ店店をぶらぶらと。

_DSC9627

国境は踏み切りのようなバーがあって、横に管理所がある。

海に囲まれた日本で育った僕にとって、陸地の国境というものは違和感たっぷりだった。

このたったひとつのバーがあるだけ。

くぐるかまたぐかすればミャンマーなのに。

それをしようものなら捕まってしまう。

そもそも地面はつながっていて、このバーのむこうとこっちの何が違うというのか。

景色なんてほとんど一緒なのに。

何が違うのか。

 

なんてことを考えながら、店を出しているミャンマーの方としゃべったり、もの凄い甘いココアをのんだり、今日の生活がかかっている13歳の少年から石鹸を買ったりした。

_DSC9629

国境から、バントーファン2近くへと戻って「モンブリッジ」という木材だけで作られた橋へ。

とっても雰囲気がいい。

どうやって支えられてるのか分からなかったけどすごい技術やなぁ。

_DSC9653

_DSC9663

_DSC9664

モンブリッジを渡って、バントーファンへと帰った。

_DSC9648

夜はとても涼しかった。

この時期がタイでは一番過ごしやすいらしい。

ただモスキートさんがまぁまぁいらっしゃる。

いうことは他の時期はもっと。。。。


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
陸の国境は、一度だけ見たことがあるよ。
でも、踏み切りみたいなのはなかった(笑)
川の向こうがアルゼンチンとパラグアイだったから。はははっ!
自然が分けてる国境は、昔の人の営みを前提に考えると、理にかなっていると思うけど、アフリカや朝鮮の国境や、今はもう崩れたけれども、ベルリンの壁とか。。。理不尽だよね。
aki-bb
2010/03/06 01:59

コメントする help

ニックネーム
本 文
違い 写輪のうた/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる