写輪のうた

アクセスカウンタ

zoom RSS みんなで

<<   作成日時 : 2010/03/12 15:31   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

1月31日。

学生達や手伝いに来た方々と共に、ひろしさんや達也くんもお別れとなった。

またみんなヒッチハイクで帰るのだろうか・・・・・・

_DSC9933

IMG_1176

そして、子どもの日以前のバントーファンの雰囲気に戻った。

_DSC9941

ただこの日は学校がお休みなので上級生の子達も居た。

_DSC9965

と、いうことでみんなでうどんづくりをすることに。

_DSC9543

これは源さんという日本のメンバーの「虹の種」。

タイに来る前名前とそしてうどんづくりをするって聴いてバリバリ職人のおじさんかと思っていたらめっちゃお笑い好きの兄(あに)さんだった。

源さんのその土地のものを大事にする考えの下、タイで購入した小麦粉や水を使ったうどんづくりを子ども達と一緒にやる。

練って・

_DSC9978

踏んで・・

_DSC9985

ひろげて・・・

_DSC0023

跳んで・・・・

_DSC9988

????

_DSC9974

 

すべての行程において大事なのは「ありがとう」の気持ちをいれること。

 

僕も初めてに近い経験だったのでおもしろかったんやけど、子ども達も真剣にそして興味津々。

特に切るときの表情はものすごくよかった。らしい・・

このとき僕はひろげる作業に専念していたため見れなかった(><)

 

そして出来上がったうどんをみんなで頂いた。

みんなの気持ちを入れて、時間をかけてつくったうどん。

すごくおいしかった!

やっぱりなんでもやってみるって大事やなぁ。

ただ子ども達は、とうがらしをバンバンかけていた(笑)

 

この日の晩、僕は自転車旅行中に撮った日本の風景をみんなに見てもらった。

プロジェクターを使って簡単に説明しながら見てもらう感じにした。

子どもたちにとっては見たこともない景色が多いので、結構オーッと言って喜んでもらえた。

それだけでうれしかった。

(プレゼンという意味でのぼくのしゃべりについては反省は多々あった。またひとつ学んだ)

 

特に雪の写真はタイの子にとってはやはりめずらしいもの。

ぜひいつか生で見せてあげたいとも思う。

 

屋久島の写真を出したときに木霊の話をしたら、バントーファンの周辺にもそれらしきものは居るとナートさんはおっしゃってた。

確かに居てもおかしくないなぁと思えた。

怖さとかではなく自然の心地よさがそう感じさせてくれる。

_DSC0035

 

そのあと、今度京都でフリースクールを開設する・まゆみさんの持ってきた折り紙をみんなでやることに。

まゆみさんはこの人を天然といわずに誰を天然と呼ぶのかっていう方。

_DSC9948

そのまゆみさんの影響かおもしろかったのは、子ども達は作ったものを自分で持っていくのではなくて何故かいっぱいつくっては全部まゆみさんへ渡すのだった。

まゆみさんの周りには色とりどりの作品で溢れていた。


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
お久し振り!
少し長めの海外旅行に行っていました。
「写輪のうた」を久し振りに拝見しました。
世の中の汚れを知らない子ども達の純粋な瞳、表情、行動
・・・・・・・・・・・・・ 私達大人が何かを感じ取らなければいけないと思いました。
復学が近づき忙しい毎日かと思いますが、これからも「写輪のうた」を通じて近況を知らせてください。
湯釜のテッシー
2010/03/22 20:56

コメントする help

ニックネーム
本 文
みんなで 写輪のうた/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる